情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 09/03のツイートまとめ

09/03のツイートまとめ

JFXkobayashi

\小林芳彦に続け!/元No.1インターバンク為替ディーラーがリアルタイムに貴方をサポートします。 https://t.co/vDYklPKa18 #小林芳彦 #jfx #fx https://t.co/xMa51g3CCu
09-03 20:00

@hirogt2 新規は 売買をクイック注文してから 「103.565で新規で買いました。」と記入するだけなので基本は10秒~15秒だと思います。仲値は売りあがることが多いので、最初に売ってからたとえば4つ追加して売りを行った場合などは1分ぐらい間隔があるかもです。
09-03 14:18

@yume_fx ありがとうございます。本当に役に立つ知識ですから、収益にも貢献してくれると思いますよ。
09-03 11:18

@1203God 絶対に下書は書かないタイプ。思い付きで書いていますから、たまに「てにおは」がおかしくなることがある!それと文章が長い!読み返して修正を加えればいいのでしょうが、140文字ごとに送信しちゃうから直せない!笑 きょーこさんも御存じでしょ、元同僚のえいやーの性格!笑
09-03 09:34

@pudding_fx ぶ厚い本は眠くなるだけです。笑 オプションの構造とかを説明してある本よりもどのようにトレーディングに生かすかにページを割いている、割合薄めの本を探して下さい。実際に手にとって、何冊も見比べてから買うのがいいですね。なので出来るだけ大きな本屋さんに行くこと!
09-03 09:29

@pepefx1107 ありがとうございます。ダブルノータッチも簡単に触れています。バニラは第3章189ページで、例をドルプット(ドルを売る権利)で説明しているので、今回の逆、ストライクの下でオプション見合いに買って、戻ったら売り直す回転で説明しています。よろしくお願いします。
09-03 09:21

@nsb0721 nsb様 そうなんです。DNT(Double No Touch)ではなくバニラなので、オプションBuyerの行動はまるで違いますからね。防戦で手前を売るのと、押し上げてストライクの上で叩き売るのでは雲泥の差!笑
09-03 09:14

@ThreeSmile スリスマ様、ご無沙汰しております。いつもツイッター拝見していますよ!ファンドのドル買い仕掛け、結構気合いが入ってますね!
09-03 09:12

@pudding_fx 買わなくても、立ち読みでも ちいとは知識を得られますからね!
09-03 09:11

@YuzuruKubo お疲れ様でした。私もなんとかドル円スキャルで1円21.9銭取れました。来週も頑張りましょう!
09-03 09:09

プロの視点で相場を見る!元No.1インターバンクディーラーが発信する情報は必見です。 https://t.co/EjDzwb2Jhx  #小林芳彦 #jfx https://t.co/mVObOSKMgD
09-03 09:00

@Vil_Pareto ご丁寧にありがとうございました!
09-03 07:13

オプションが判らないという方!本屋さんに行ってください!薄くて良いので、オプションの本を買って読んでください!判らないと言って敬遠していたら何時まで経っても判りません。ファンドが行うオプション取引に支配される為替市場という面もありますので、知っていて決して損はない知識です。
09-03 07:11

ちなみに106-110円のドルコールと書きましたが、106円から110円の間をストライクとするプレインバニラのドルコール円プットを買うファンドがばらばらと出てくるかどうかという意味であり、ドル高をイメージする連中がキャッシュ以外にオプションでポジションを取ることをイメージしてます
09-03 07:08

102.20~101.80ぐらいが下げても今後底固くなるんでしょうかね?9月に利上げしなくても、12月にはやるんでしょというセンチメントが相場を底固めするからです。さて資料作成をしないと間に合わなくなりそうです。では、皆様良い週末を!
09-03 06:57

9月に利上げがなかった場合には一旦はドル円は急落しますが、ファンドがドル円が下がった時に12月14日(FOMC)を超える3カ月物でドルコールを大量に仕込む可能性もあり下がったところではドル買いが出て100円は割れなくなるだろうという大まかなイメージを立てています。
09-03 06:52

103-105のオプションをファンドが仕込んだのは100-101円の時。まだドル高で仕掛けるなら上のドルコールを買ってくる(インターバンクはオプション金額の半分をデルタヘッジで買わないといけなくなる)可能性があり、これがスポット市場に大きな影響を与える可能性があります。もちろん、
09-03 06:48

思われます。市場の雰囲気は私が当初考えていたよりは利上げに前のめりとなっているようですので、21日に向けてまだドル買いが続き、利食いをこなしつつ巨額オプションが期日になっても更にファンドが106-110円のアウトオブザマネーのドルコールを買うかどうかにも注意を払いたいと思います。
09-03 06:46

に収束してしまう可能性があります。というか少なくとも暴騰はしない。もちろんオプションの買い手が1人ではなくばらばらですが、ストライクが一緒ということで、似たようなオペレーションを行う(ただし売りや買いのレートは人さまざまだからピンポイントで巨額の売り買いが出ることはない。)と
09-03 06:42

見合いに(例:104.65-75でドル売り、下がった104.30-35で買い戻しを繰り返す)上がれば売り、下がれば買い戻すことで、満期までそれを繰り返して支払ったプレミアムよりスポット収益を稼げたら負けはないトレードを行います。これをドル3000本で行われたら104.50を中心
09-03 06:40

最初の動きこそ ドル売りでしたが、その後高値更新するなど非常に力強い動きです。来週は104.50に30億ドルのバニラオプションの期日が週後半にあるとのことで、(105.00もあるが金額は104.50の方が大きい)ストライクを抜けたらドルコール(ドルを買う権利)なので,オプションを
09-03 06:31

1.6230%まで順調に上昇した米10年債の利回りが午後11時43分に反落し始めた事をきっかけにロングの手じまい売りが入りました。午前1時47分には1.588%まで10年債利回りが緩みましたが、このタイミングで103.85を擦っています。指標予想のNFP180Kが151Kでしたが
09-03 06:29

まで噴き上がる展開に。9月の米利上げの可能性が完全に否定された訳ではないとの見方や、ドル高に賭けた米系ファンドの押し上げ買いに103.80から上でショートの損切りが出て、前日高値104.00を突破したことで更にストップによる買いが加速したことが上昇理由として挙げられます。
09-03 06:25

10時過ぎには1.585%まで回復。ドル円も103.78レベルまで戻しました。戻り売りに押されて、上値が詰まったチャートとなって(ここから26分間22:13~22:39スキャル参戦。)103.45レベルまで下げましたが、午後11時から103.60を底に11時半過ぎには104.32
09-03 06:23

前半が重たく揉み合いに。9時45分過ぎからショートカバーが鮮明となってきました。米10年債の利回りが午後9時24分ごろは1.58%だったが雇用統計を受けて利回りが急落。1.55%近辺まで下落したが、その後9時43分ごろから利回りが底打ち反転上昇し始めた事でドル円も連れて上昇。
09-03 06:18

米雇用統計の印象を書こうと思います。雇用統計の発表1分前から既に思惑で売られていたドル円は出た瞬間で下に突っ込み103円前半の買いを潰し102.80台へ。雇用統計Live!でもお話ししました通り、102.80-85近辺は買えると思いその旨発言しましたが、Live!中は103円台
09-03 06:06

おはようございます。というか起きてもう2時間が経過しました。今日やるセミナー録画のための資料作成ですが、朝5時にシステムメンテナンスに入ってしまうので、その前に必要なチャート画像をコピペしないと大変なことになってしまうので汗かきながらやっておりました。一段楽で今日というか
09-03 06:01

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.