情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ドル円・ ポンド円・NZ円は買いから。ユーロドル・ユーロ円・豪ドル円は売りで参入。」

「ドル円・ ポンド円・NZ円は買いから。ユーロドル・ユーロ円・豪ドル円は売りで参入。」


201607fc2_3.png






☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「ドル円・ ポンド円・NZ円は買いから。ユーロドル・ユーロ円・豪ドル円は売りで参入。」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


11月4日

11月3日の概況


なんで103.20まで買い上げてんの?
おはようございます。朝から流れを無視したドル買いが炸裂しておりますが102円台で充分買える
だろうにと腑に落ちません。 昨日は東京休場で103.44高値からなんと午後0時半には102.55まで
ぶち下がって一旦どこまで売るの?102.50も潰すのか?と思わせましたが102.85まで午後3時に
ショートカバー。その後もう一回午後5時にかけて下攻めしましたが102.60で止まってしまい明らかに
突っ込み売りが捕まって、5時半には103.00手前まで戻していました。

その後も順調にショートの損切りで103.20台まで早くも午後8時に上昇。午後7時からは英国が
欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)手続きを正式に開始するにあたり、ロンドンの高等法院が
議会の承認が必要との判断と下したことでハード・ブレグジットにならないとの判断からポンド
買い戻しが入ったこと。高等法院の判断に対し、政府は上訴する構えだが、市場ではEU残留派が
主流だった議会の承認が必要になれば、メイ政権による「ハードブレグジット(強硬な離脱)」の
可能性が低下し、単一市場へのアクセス維持が期待できる (ロイター)との判断から。

更に英MPC(金融政策委員会)議事録
「全員一致で金利据え置きを決定」
「インフレ目標上回り、許容に限り」
「金融政策はどの方向にも対応が可能」
「ポンド安は市場のトレンドを反映」
で、利下げではなく、利上げをも視野に入れているとのくだりがありこれでインフレ状況を考えると
利下げの選択肢は極めて少なくなったと考えられて更にポンド買い。これでドル円もつられて
ポンド円とともに買い上げられる展開に。米10月ISM非製造業景況指数は54.8、市場予想の56.0
や前月の57.1を下回った。新規失業保険申請件数は26.5万件と、市場予想や前回から悪化したものの、
ドル相場の売り反応は限定的で103.10近辺がビッドしっかり。
ただし時間を置いてNYの午後にじわじわと売りこまれて102.88まで下げて102.99引け。

今日のイメージは102.75以下、102.650で買ってみようとイメージしていましたが、いきなり9時前
から103円台に上昇、そのまま103.20まで買い上がったので、全く付いて行く気にもならず。
といって朝からこんなに仕掛けるような奴らに立ち向かう戦闘態勢も取れておらず完全に様子見と
なりました・・・。下がれば102.750以下買い場探し、利食いは103.25-35でイメージでした。
損切りは102.40に置いておきますかね?102.50では切りたくないですねぇ。
利が乗ったらドンドン利食いする。長く持たない。切りもスキャルは早めに。今晩の雇用統計は
スクエア方針でいつもと変わらずです。よろしくお願いいたします。


ドル円 買い
ドル円は102.750、102.650で買いから。ストップは102.400に置きながら、103.250-350でロングを
利食いするイメージ。上がりきらなければ利食い千人力。雇用統計はスクエアで迎える方針。

レンジ 102.550(102.700)--(103.250)103.350 作成時 103.120-123 9:35AM速報更新時


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.11250、1.11350で売りから。ユーロポンドの売りで上値が非常に重たく
なっている。1.11520にストップを置きながら、1.10700、1.10600で買い戻し。

レンジ 1.10600(1.10700)--(1.11250)1.11350 作成時 1.10914-918 11:09AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は114.700、114.800で売りから。ストップは115.050に置きながら、114.000、
113.850で売りを買い戻す方針。

レンジ 113.850(114.000)--(114.700)114.800 作成時 114.336-341 11:10AM


ポンド 買い
ポンド円は127.950、127.800で買いから。ストップは127.650に置きながら、
129.050、129.200でイメージする。

レンジ 127.800(127.950)--(129.050)129.200 作成時 128.531-544 11:31AM

対ドルは1.24250、1.24150で買いから。ストップは1.23650に置きながら。1.25000、
1.25250で利食いする回転をイメージ。

レンジ 1.24150(1.24250)--(1.25000)1.25250 作成時 1.24724-734 11:36AM

豪ドル 売り
豪ドル円は79.600、79.700で売りから。ストップは80.000に置きながら、78.650、
78.550で買い戻す回転。

レンジ 78.550(78.650)--(79.600)79.700 作成時 79.146-154 11:34AM

対ドルは0.76450、0.76300で買いから。ストップは0.76100に置きながら、0.77100、
0.77200で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.76300(0.76450)--(0.77100)0.77200 作成時 0.76769-779 11:37AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は75.050、74.900で買いから。ストップは74.700に置きながら、75.750、
75.850で利食いする回転をイメージ。

レンジ 74.900(75.050)--(75.750)75.850 作成時 75.421-434 11:35AM

対ドルは 0.72650、0.72550で買いから。ストップは0.72200に置きながら、0.73450、
0.73550で利食いする回転をイメージ。

レンジ 0.72550(0.72650)--(0.73450)0.73600 作成時 0.73161-178 11:41AM





新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して
少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)
が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通
貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通
貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れ
る場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッド
となります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの
方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様
の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本
÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レ
ート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大
100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しており
ますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引がで
きなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取
引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解
の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.