情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 12/03のツイートまとめ

12/03のツイートまとめ

JFXkobayashi

【超必見】プロのトレード手法を動画で紹介★元No.1インターバンクディーラー・小林芳彦直伝!スキャルからデイトレまで網羅したテクニックを今すぐ試す⇒ https://t.co/1PMf9HlJNv #fx https://t.co/K0etjwiJ0a
12-03 20:30

【小林芳彦監修】<決定版> 1万円からはじめるFX超入門を発売しました。初心者向け!購入者限定の新規口座開設キャンペーンを実施しています。対象者の方には「限定動画」をプレゼント! https://t.co/JGgPdB6EXD https://t.co/IMYp8c48sC
12-03 12:00

●━━ 必 見 ━━●自分で設定したチャートデザインをいつでも使える!?   ▼  ▼  ▼  ▼【テンプレート機能をご用意しております】https://t.co/SDPxEmFcU8 #fx https://t.co/EWuHdipeiI
12-03 10:00

にはなりそうもないですね。イタリア国民投票の結果が気になりますが、月曜東京時間朝7時に投票が締め切られて、即日開票。朝9~11時ぐらいには何らかの途中結果が出てきそうですね。うん?113.539と少し売りが強くなってきました。113.50が割れて引けるとチャートの形は悪くなります
12-03 05:21

おはようございます。4時40分起床で朝のわんこ散歩に行って参りました!あの後は先にさがったものの113.53以下には下がらず、戻して113.811とイメージ通り『113.80-85で売りが被りそうな展開』ピッタリで113.570まで下がって来ています。今からだとあまり大きな動き
12-03 05:16

@daisuke_endo67 いつも応援ありがとうございます!おやすみなさい!
12-03 02:39

避けるため軽めにしておかれるのが賢明かと思います。現状は113.80-85で売りが被りそうな展開ですね。さて、今日収録するセミナー原稿をこれから作りますが、その前に2時間ぐらいは仮眠しましょう!では。
12-03 02:32

下落するか。ドル円は114.50、抜けて114.80あたりの上値抵抗線とぶつかるのか、それともユーロドル下落がそのままユーロ円下落に結びつき、薄い中でドル円もユーロ円売りに引っ張られるのか、予想は難しいですね。何が起きるか判らないため、ポジションはある程度週末、イタリアリスクを
12-03 02:30

買い遅れ感満載の輸入や機関投資家の買い玉があっても不思議はないように思います。今からあまり上がる感じがせずこのまま113円台ミドルで引けたとして月曜日朝~午前中、イタリアの国民投票の結果が憲法改正は反対と出たら、首相辞任でユーロ売り(ドル買い)となるはずで、どこまでユーロドルが
12-03 02:27

113.60が底となり113.931までショートカバーで買い上がる展開。いやん派113.60まで緩み今、113.68で推移中。これらの動きから114円台の戻り売り意欲は厚いが果たしてNY市場が終わっても月曜東京オープン以降まで有効かどうか。下がった113.20-112.80には
12-03 02:23

元々ビッドがありそうな、113.50、ただし抜けてストップもありそうなレベルを抜いて113.331まで下げましたが、ここも113.50が割れたら引っかかる113.20までのサポートにぶつかり下げ止まり。113.60までの戻り売りを行う連中もいましたが113.60を超えてからは
12-03 02:20

なって104円台へ。114.206まで上げたが、114円台の指摘した抵抗帯114.20-30で引っかかって反落。10:52PMから米10年債の利回りが低下を始めて2.4393%bidから1:10AM には2.3741%まで下がっています。ドル円は午後11時前から反落を始め
12-03 02:18

-0.1%と低下。更にNFPは前月分が161Kから142Kへ下方修正。NFPがほぼ予想通りで失業率が大幅改善だったことで、最初は瞬間的に114円台まで買われたもののすぐに売りこまれて113.50割れへ。ただし押し目買い意欲も強く、番組内でお話ししたように揉み合いながらジリ高と
12-03 02:13

米雇用統計Live!にお越しいただいた方、ありがとうございました。午前1時に帰って参りまして、それからわんこがどうしても散歩に行きたいと申しまして一緒に歩いて参りました。そんなに寒くはないですね。雇用統計は失業率が4.6%と大幅低下、しかし時間当たり平均賃金が予想+0.2%が
12-03 02:09

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.