情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ユーロドル・ユーロ円は売り。ドル円・その他クロス円は深い押し目買い。」

「ユーロドル・ユーロ円は売り。ドル円・その他クロス円は深い押し目買い。」


201607fc2_3.png






☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

「ユーロドル・ユーロ円は売り。ドル円・その他クロス円は深い押し目買い。」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


12月9日

12月8日の概況



おはようございます。なんといってもECB理事会。金利0.00%据え置き、月額800億ユーロの資産
買い入れ17年3月末まで延長、17年4月からの買い入れは月額600億ユーロ、17年12月まで継続し
延長も。うわ、テ―パリングやりやがった!減額するとは!

と予想半年の期間延長が9カ月になったことなど、眼中にないように市場参加者、とりわけアルゴ君が
買い上がったようでインターバンクは1.0875まで噴き上がり!この時点で1.07150で指値買いして
いた分は付くわけはないと頭から消えてました。(本来オーダー消して置く必要があるんですけど、
忘れました!)

ところがドラギさんがこれはテ―パリングではない、と発言。23:12に自分も「金額かける期間で
考えたら買い入れ総額増えてるし‥‥。上を買ってしまった反動なんですかね?」と書きました。
要は800億ユーロで半年<600億ユーロで9カ月の方が総額が増えているしと市場関係者が気が付き、
これはあかん これはユーロ買いポジをひっくり返さなくてはいかん!とばかりに2倍、3倍返しを
行い、1.0750が割れて1.0680が割れ、1.0640-50が割れて、最終的には1.0600も割れて1.0597
まで-278ピップスの暴落となりました。

このユーロドルの乱高下でユーロ円はインターバンクで高値123.50まで噴き上がって121.08、一瞬
121.68レベルまで戻しますが安値は121.00も割れて120.94まで下げて120.956NY引け。ドル円は
米債利回りが2.427%ビッドを付けた22:49頃に高値114.38まで噴きましたが、114.50には届かず
113.78までユーロ円急落もあって連れ安に。しかしNYダウが爆騰を続け8日のNY株式相場は続伸。
主要指数がそろって史上最高値を更新したこと、更にユーロドル メルトダウンでドル買いとなった
ことから再度114.30台まで上伸するも高値更新は出来ず114.00を割り込む展開となって113.93
レベルを擦ったあと114.04NY引け。

ここまでユーロドルが売られる筋合いはないと思いますけど、上がりませんねぇ。

日経新聞の電話取材でコメント中断してました。114.38まで噴けば、しこりのショートはかなり切れた
はず。更にここで切れなくても、午後11時過ぎに113.78まで緩んでいる。ここで切れなくても再び
114.10-20を超えて上がったら、流石にショートは切れていると思います。一方でこれだけユーロドル
が売り込まれているため、ドル買いに見えて114.10-30で4時間以上揉んで114.10が4時半に割れて
下落した動きから多少は俄かドルロングが出来ていると判断。114.20-35は上値が重たそうです。
ただし売った場合の買い戻しは短期的には113.85-65で確実に利食いしておきたいところ。

113円台前半から112円台後半はまだまだ買えていない向きが(輸入やヘッジ外しニーズのある投資家
などなど)本来は111円台を待っていますが、買えないのでビッドアップしてきています。したがって
下値も堅い。今日は売られ過ぎのユーロドルがじわじわと戻してくれば(1.0650越え方向)ドル円は
113円台後半に下がってくる感じでしょうか?朝方から無理せず、まずは流れが出るまで待機。昨晩は
インターバンク市場でも相当血が流れたことでしょう。週末だし、クリスマス近いからあまり海外も
今日は無理して来ない可能性もあるのでゆっくりスタート。


ドル円 買い
ドル円は充分に引きつけて113.950、113.850で買いから。ストップは113.550に置きながら、
114.450、114.550で利食いする回転をイメージ。

レンジ 113.850(113.950)--114.650(114.750) 作成時 114.434-437 11:31AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.06350、1.06450で売りから。ストップは1.06750に置きながら、1.05800、
1.05650で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 1.05650(1.05800)--(1.06350)1.06500 作成時 1.05997-001 11:33AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は121.670、121.800で売りから。ストップは122.000に置きながら、120.950、
120.850で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 120.850(120.950)--(121.670)121.800 作成時 121.271-276 11:37AM


ポンド 買い
ポンド円は 143.250、143.150で買いから。ストップは142.900に置きながら、144.400、
144.500で利食いする回転。ユーロポンドの動きに注意。

レンジ 143.150(143.250)--(144.400)144.500 作成時 143.963-976 11:38AM

対ドルは 1.26640、1.26650で売りから。ストップは1.26850に置きながら、1.25600、
1.25500で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 1.25500(1.25600)--(1.26400)1.26500 作成時 1.25911-921 11:42AM

豪ドル 買い
豪ドル円は85.050、84.950で買いから。ストップは84.700に置きながら、85.450、
85.550で利食いする回転をイメージ。

レンジ 84.950(85.050)--(85.450)85.550 作成時 85.314-322 11:39AM

対ドルは0.74800、0.74900で売りから。0.75100にストップを置きながら、0.74200、
0.74100で買い戻す回転をイメージします。

レンジ 0.74100(0.74200)--(0.74800)0.74900 作成時 0.74570-580 11:43AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は81.750、81.650で買いから。ストップは81.350に置きながら、82.350、
82.450で利食いする回転をイメージ。

レンジ 81.650(81.750)--(82.350)82.450 作成時 82.120-133 11:39AM

対ドルは0.71350、0.71250で買いから。ストップは0.71000に置きながら、0.72250、
0.72350で利食いする回転をイメージ。

レンジ 0.71250(0.71350)--(0.72250)0.72350 作成時 0.71774-791 11:44AM




新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して
少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)
が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通
貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通
貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れ
る場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッド
となります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの
方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様
の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本
÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レ
ート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大
100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しており
ますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引がで
きなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取
引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解
の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.