情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 12/11のツイートまとめ

12/11のツイートまとめ

JFXkobayashi

【クイック注文ってどうやって使うんだろう?】注文方法や操作方法でわからないことありませんか?操作マニュアルで詳しく紹介しています。操作マニュアルを見てみる。⇒ https://t.co/JMTzhMqvCC #fx https://t.co/vtjJxsd9Lb
12-11 19:00

@goodwife2012 シカゴの先物はひっくり返りましたが、まだ売りあがっている人たちが東京にはいると思いますので、まだドルの上昇余力はありそうです。ただしずっと同じペースでドル買いが損切りで続くと考えることは無理がありそうに思います。
12-11 11:27

シカゴIMM円ポジションネット 1枚=1250万円11月8日 +3195611月15日 +2367611月22日 +1090011月29日 -26912月6日 -33937 急激に円売りポジションが増加 先週は更に増加?つまりは 損切りは今後減少?
12-11 11:15

値動きを注視していきたいですね。誰も年末にやられたくないので、無理せず行きたいと思います。皆様、素敵な日曜日をお過ごしくださいませ。
12-11 11:02

している連中が少なからずいるんでしょう。115円台を突破したドル円、3度目の1.05攻めで1.0460割れを狙うユーロドル。ドルが全面高の中で米利上げ後の利益確定がどれだけ出るのか、出ても買い遅れ感で下がらず更に上がってしまうのか。来週はクリスマス前のポジション調整の最後の週。
12-11 11:01

テ―パリングには違いないのですが、この詭弁に「おかしいだろ!」といって買い向かってどれだけの人がロングをぶん投げさせられたことか。だから損切りで下がり、1.05台に突入してからは、おかしいとか言ってられず、下をやるんだったら「祭りに参加する」ととりあえず自説を曲げて下攻めに参加
12-11 10:58

12月8日は高値1.0875から1.0597まで下落。12月9日はその余波が収まらず1.0630高値(東京午後4時半)から1.0531までNYで落とし1.05 3度目のトライとなっています。実際には期間を伸ばそうと単月で買い入れする金額が減っているのだから やはり金融緩和縮小
12-11 10:55

昨日セミナーを収録していて、ユーロドルの値動きを見直し、やはりドラギさんの発言、強引過ぎるなぁと思いました。テ―パリングじゃあないというドラギ発言の後付け講釈で一瞬【800億ユーロ×6か月予想<600億ユーロ×9ヶ月】だから、市場も先に買い上がってから、慌ててロングを投げて
12-11 10:51

おはようございます。今朝は冷え込みましたね!でもいいお天気。今日は年末にかけて、やっておかなければいけないもろもろの事を片づけに出かけるために、ぐるりと用を足して来なくちゃ。高校時代の友人の家にも行って年末恒例の頼みごとも。結構タイトスケジュールだなぁ。
12-11 10:38

━━━━━━━━━━━■テクニックで差を付ける━━━━━━━━━━━元No.1インターバンク為替ディーラー・小林芳彦のトレードテクニックを公開中▼早速覗いてみる https://t.co/1PMf9HlJNv #fx https://t.co/xzLEnA7qqb
12-11 10:30

@yukki0123456 もっとも、1年物の定期預金金利が8%、期日指定定期3年物が8.25%、営業店決済の一般融資が10.5%~11%だったような時期ですから、こんなところまで金利が上昇することはないでしょうけど。ただし金利が今後上昇することを想定したうえで余裕の資金繰りを。
12-11 08:57

@yukki0123456 25年 金利が上がらないとは決して思いません。固定で今押さえられる期間出来るだけ長く私だったら押さえます。実際昔私が住宅ローン担当していたころ、住宅金融公庫の金利が5.5%、年金福祉転貸融資が確か6.0%、銀行の住宅ローンが7.2~7.5%でしたから。
12-11 08:53

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.