情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ドル円は買い。ただし東京時間のみ。(基本午後3時半まで)。その他は売りで。」

「ドル円は買い。ただし東京時間のみ。(基本午後3時半まで)。その他は売りで。」


201607fc2_3.png





-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「ドル円は買い。ただし東京時間のみ。(基本午後3時半まで)。その他は売りで。」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------

おはようございます。昨晩はニュースで相場が振らされて大変でしたね。きな臭いテロが続発。トルコ
でロシア大使が銃撃され死亡、スイスでイスラミックセンターが銃撃、ベルリンのクリスマスマーケット
にトラックが突入と基本リスクオフの反応で円買い。ドル円は午後4時過ぎに付けた安値116.97を
割りこんでロングのストップを巻き込み116.82へ。戻りが117.07で止まって午前2時に116.55の安値を
タッチ。その後116.80が重たい展開が午前3時28分まで続きましたが、いきなり3時29分に跳ねあがり
始めて、いったい何だとニュースを探したらイエレンFRB議長の発言。

「米労働市場 過去約10年で最も力強い」イエレンFRB議長と出てドル買い戻しに。それまでは安全
資産の米債が買われて長期金利が低下する流れでしたが一気にこれでショートカバーとなって116.70台
前半から117.40まで4時半過ぎに上がる展開となりました。

跳ねたところは叩いて売って問題ないと思いますし、昨日のアジアの下げを見て夕方海外リーブオーダーを
置けた輸入は116.95以下116.55までは拾えているのでとりあえずは一息。116.50以下、115円台後半
まで買い切り玉がずらりと並ぶと考えられるため、突っ込み売りすると捕まるイメージです。

ただし大玉で銀行にオーダーを置ける規模の会社の買いは116.55までは付いているため116.80とか
116.60に当初あったサイズの買い玉は今日はないと考えた方がよく、116.50以下は鉄板だが116.80は
さほどでもないイメージ。117.40戻りは重たくテロリスクがすぐに無くならない事から米債が買われる
Flight to quality ( 質への逃避)のため、2.64%で天井を打ち2.53%まで下がってきた動きが今後も
継続する可能性があるためやはりドル円は戻り売りを基本として本日は考えてみたい。
117.25-35で戻り売り、ストップは117.56で。

利食いは116.70-65以下、116.55にかけて。116.50が割れるのを待つと買いそびれる危険が高く、
抜けて走るなら追撃売りすれば良いと考えています。本日もよろしくお願いいたします。
なお、中小・零細の輸入企業さんは海外オーダーを銀行に置けないため、仲値で買ってくるので
5・10日と併せ 為替水準でも昨日の仲値よりも円高なので、買い意欲は旺盛。機械で買う場合には
仲値が出てからじゃないと9:55前では、昨日の仲値ベースになってしまうので、今日の仲値が出てから
それに50銭とか70銭とか乗せられて買うことになります。銀行にとっては小口の実需がめっちゃ美味しい
んです

だから10時過ぎてから却って小口の買いがわんさか湧いてくる可能性もあるため仲値売りはすぐに
買い戻して、10時に向けての買い上がりを待つ方が、いいと考えています。
本日もよろしくお願い申し上げます。

売り方針撤回。下がらない可能性が出てきている。売りあがって市場がショートで捕まる可能性が高く
なったと判断しました。押し目買いで拾えたら買いからとします。117.10-05以下、116.90にかけて。
ストップは116.65、利食いは117.45-50で。

117.40の上にストップが溜まりそう

押し目買いはアジア時間早い時間、午後3時過ぎくらいまで。夕方だらだらと下がってきたら欧州勢の
売りとみなして買いません。アジア時間の小口買いを背景とした押し目買いですので。


ドル円 買い
ドル円は引きつけて116.900で買いから。ストップは116.650に置きながら、117.450で利食い
する回転をイメージ。

レンジ 116.750(116.900)--117.400(117.500) 作成時 117.095-098 11:50AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.04550、1.04700で売り。ストップは1.04950に置き、1.03850、1.03700で
買い戻す回転。

レンジ 1.03700(1.03850)--(1.04550)1.04700 作成時 1.04140-167 11:56AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は122.450、122.550で売りから。ストップは122.900に置きながら、121.850、
121.700で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 121.700(121.850)--(122.450)122.550 作成時 122.130-162 11:56AM


ポンド 売り
ポンド円は145.850、145.950で売りから。ストップは146.250に置き145.050、144.850で
買い戻しする回転。

レンジ 144.850(145.050)--(145.850)145.950 作成時 145.481-527 11:57AM

対ドルは 1.24450、1.24550で売りから。ストップは1.24800に置きながら、1.24000、
1.23850で買い戻す回転。

レンジ 1.23850(1.24000)--(1.24450)1.24550 作成時 1.24007-017 12:01PM

豪ドル 売り
豪ドル円は85.430、85.530で売りから。ストップは85.800に置きながら、84.800、
84.700で買い戻す回転。

レンジ 84.700(84.800)--(85.450)85.550 作成時 85.035-067 11:57AM

対ドルは0.72850、0.72950で売りから。ストップは0.73250に置きながら、0.72250、
0.72150で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.72150(0.72250)--(0.72850)0.72950 作成時 0.72436-468 12:02PM

ニュージードル 売り
ニュージー円は81.600、81.700で売りから。ストップは81.950に置きながら、81.000、
80.900で利食いする回転。

レンジ 80.900(81.000)--(81.600)81.700 作成時 81.229-278 11:57AM

対ドルは 0.69500、0.69600で売りから。ストップは0.69900に置きながら、0.69000、
0.68900で利食いする回転。

レンジ 0.68900(0.69000)--(0.69500)0.69600 作成時 0.69176-193 12:03AM





新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して
少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)
が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通
貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通
貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れ
る場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッド
となります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの
方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様
の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本
÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レ
ート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大
100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しており
ますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引がで
きなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取
引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解
の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.