情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

未分類 > 12/22のツイートまとめ

12/22のツイートまとめ

JFXkobayashi

2回上値買い上げがあったものの、高値は117.75も付かず。下値は117.40も朝から付かずで、完全に狭いレンジ内の調整相場で終了。外出もありましたが、手出ししにくい一日でした。
12-22 18:24

出先から。一向に動く気配がないですね。これでは、デスクに座っていてもなかなか手出し出来ませんね。出先でお昼、食べましょうかね。
12-22 12:25

出先から。117.55ぐらいからいきなり売りが強くなり、117.406まで下げたがすぐに反発。117.705まで跳ねたが上は上で売りたい向きが待っており10時半には117.50へ。その後は117.50から117.65で小動き。買いたい水準まで下がらずですね。基本は買い目様子見。
12-22 11:42

117.547で買い戻し。 少しは溜飲を下げたわい。
12-22 09:42

ふにゃ~、117.55までストレートであがってもうた・・・・・。もったいなか。117.455のロング・・・・117.574ですと?売る。117.571で新規売り
12-22 09:41

117.477で ロング 利食い
12-22 09:38

117.455で新規買い
12-22 09:37

ポジションは取らず、指値もしません。よろしくお願いいたします。
12-22 09:10

買いから入った方が気持ちは安心。118円に近いところを跳ねるのを待って売る(じわじわ買われたらあまり売りたくないですが・・・)のはOKでしょう。117.25、117.15で買い目。ストップは116.75で。利食いは117.75-83で。本日も所用で外出しますので、呟き少なめ。
12-22 09:10

NYダウが反落したことでドル円も連れ安となって117.45まで下げて117.56引け。NY引け後に117.464売りになった後117.637まで上げましたが、117.80-118.00は売り目で、117.30-10は買い目で見て2way interest. 下がったところを
12-22 09:07

事がきっかけにはなりましたが、チャートポイント117.40(アジアの安値、10時過ぎに戻り高値)を超えたからショートカバーが起きたわけで、市場がショートに傾いていなければ117.870まで噴くことはありません。その後だらだらと長期債の利回りが下がり、20000ドル乗せに失敗した
12-22 09:05

あって突っ込んだ短期投機筋が完璧にショートで捕まった模様。「(22:09に117.28付近で)117.30は超えるだろうけど、117.40とか超えたらショートは総崩れだなぁ、きっと。」とつぶやきましたが、午前0時過ぎに117.40を超えて上昇開始。米中古住宅販売件数が強かった
12-22 09:02

(117.46-47レベル)」と速報に書き込みました。その後は20:10に117.537がありましたが、午後9時過ぎに117.40が割れて下攻め開始。117.108まで売りこみましたが、値動きから推測すると117.20、15、10にはかなりまとまった期間投資家(年金?)の買い玉が
12-22 08:57

おはようございます。今朝は昨日より気温は低いですが、いい天気。でも夕方から雨の予報です。さて昨日の相場ですが、117.40が崩せずに一旦夕方6時前に117.754まで上がった展開でしたが戻りも鈍く、19:53:31に「利食いしたけど、この水準のロングは もう あまり感触良くない。
12-22 08:54

\\★ 便利なテンプレート機能 ★//現在のチャート画面を残したいけど、違う表示も試してみたい…そんな時!編集したチャートを保存していつでも使えます★⇒ https://t.co/MrMCRkedJA #FX https://t.co/UIgD96BPpf
12-22 07:30

RT @47news: 速報:トランプ次期米大統領は、通商交渉戦略を策定する「国家通商会議(NTC)」をホワイトハウスに新設を発表。 https://t.co/R5MLcPVwq3
12-22 07:28

RT @Reuters_co_jp: トランプ氏、国家通商会議を新設 責任者に対中強硬派ナバロ氏 https://t.co/FkVrvuJG5j https://t.co/QmNfUxGPaY
12-22 07:27

ユーロドル1.04550で指値売り、高値は1.04509で届かず。その後1.04283まで下がりジンクスでキャンセル。
12-22 01:26

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.