情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「ドル円買い 指値せず。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は売り。オセアニア円は買いから。」

「ドル円買い 指値せず。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は売り。オセアニア円は買いから。」


201607fc2_3.png





-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「ドル円買い 指値せず。ユーロドル・ユーロ円・ポンド円は売り。オセアニア円は買いから。」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


1月4日

1月3日の概況



トランプにやられたなぁ。
スキャルの勝ち +79.1銭を夜の指値で60銭以上吐き出してしまいました・・・・。


ロイターを読み返して感じたことですが、トランプ次期大統領のツイートが高値圏でもみ合っていた
ドル円を急落させた可能性があると思いました。
ロイター記事 23:50 トランプ次期米大統領
自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)を批判し、同社がメキシコで生産する「シボレー・クルーズ」
の一部に「多額の国境税」を課すとけん制した。 トランプ氏はツィッターで「GMはメキシコ産のシボレー・
クルーズを関税なしで米国に輸入している。 米国で生産するか、多額の国境税を支払うべき」とつぶやいた。

GMからコメントは得られていない。同社は昨年11月、シボレー・クルーズ生産工場を含む米国内の2工場で
2000人を一時解雇(レイオフ)する計画を発表している。
これで慌てたのがフォード!03:03  フォード、メキシコの新工場建設取り止め 米国内に投資
米自動車大手フォード・モーターは、メキシコでの新工場建設計画(16億ドル規模)を取り消し、 ミシガン工場
に7億ドルを投資すると発表した。

メキシコでの工場建設計画をめぐってはトランプ次期大統領が厳しく批判していた。マーク・フィールズ最高経営
責任者(CEO)は今回の決定について、中・小型車の売り上げが減少するなか、既存施設の能力を十分に活用
する必要があると強調。トランプ次期政権が提唱する減税や規制緩和などの政策を 支持する考えも示した。

トランプ次期大統領。ファーストに牽制球を投げたら、2塁のランナーも慌てて塁に戻った感じ。米国最優先、
=米国の輸出保護もしてくるだろう=円安はあまり好まないし、どこで牽制球が出てくるか?という思惑も台頭?
118.60と高値圏で推移していたドル円が崩れ始めて

00:13AM 2.5180%ビッドだった米10年債利回りが1:44AMには2.4518%ビッドまで下落、連れてドル円も
00:50に118.384から下落開始。1:43に117.353まで下落。117.716まで戻した後、117.217安値まで
3:02AMに下げています。

トランプ氏の保護貿易的な発言が出たら確かに怖いので安易なドルロングも怖いのですが、まだ流れはドル買い。
もう一回じわじわと118円台を試すと思いますが、117.50割れ(117.55台新規買い、117.450買い)は
買い直しして118円台は利食い千人力で回したいと思ってます。ストップ117.20 でイメージ。



ドル円 買い 指値せず
ドル円は117.550で打診買い。117.450で買いから。ストップは117.200割れに置いて118.150で
利食い。

レンジ 117.400(117.550)--(118.150)118.250 作成時 117.742-745 9:04AM 速報時


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.04450、1.04550で売りから。ストップは1.04850に置きながら、1.03750、1.03650
で買い戻す売り先行の回転から。

レンジ 1.03650(1.03750)--(1.04450)1.04550 作成時 1.04011-015 11:41AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は123.100、123.200で売りから。ストップは123.400に置きながら、122.450、
122.350で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 122.350(122.450)--(123.100)123.200 作成時 122.794-799 11:42AM


ポンド 売り
ポンド円は144.850、144.950で売りから。ストップは145.200に置きながら、144.150、
144.00でショートを買い戻す回転をイメージしました。

レンジ 144.000(144.150)--(144.850)144.950 作成時 144.438-451 11:43AM

対ドルは1.22750、1.22850で売りから。ストップは1.23100に置きながら、1.22200、
1.22100で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 1.22100(1.22200)--(1.22750)1.22850 作成時 1.22352-362 11:46AM

豪ドル 買い
豪ドル円は85.050、84.950で買いから。ストップは84.700に置きながら、85.550、85.650
で利食いするような回転をイメージしました。

レンジ 84.950(85.050)--(85.550)85.650 作成時 85.392-400 11:44AM

対ドルは 0.72050、0.71950で買いから。ストップは0.71750に置きながら、0.72550、
0.72700で利食いする買い回転をイメージ。

レンジ 0.71950(0.72050)--(0.72550)0.72700 作成時 0.72332-342 11:47AM

ニュージードル 買い
ニュージー円は81.150、81.050で買いから。ストップは80.800に置きながら、81.750、
81.850で利食いする回転をイメージ。

レンジ 81.050(81.150)--(81.750)81.850 作成時 81.454-467 11:45AM

対ドルは0.69400、0.69500で売りから。ストップは0.69750に置きながら、0.68850、
0.68750で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.68750(0.68850)--(0.69400)0.69500 作成時 0.69014-031 11:47AM






新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して
少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)
が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通
貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通
貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れ
る場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッド
となります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの
方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様
の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本
÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レ
ート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大
100倍となります。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しており
ますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引がで
きなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取
引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解
の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.