情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「本日は指値せず。トランプ大統領の演説があったため、様子見で。」

「本日は指値せず。トランプ大統領の演説があったため、様子見で。」

swap


-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「本日は指値せず。トランプ大統領の演説があったため、様子見で。」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


3月1日

2月28日の概況




111.690まで安値更新して、その後ショートカバーで112.10台まで上がってきた時に眠りましたが、
朝方ちょっと寝坊。6時半に起きたらなんと112.865ぐらい。ボーっとしていて指値、もう一回紙ベース
で確認して約定見たら出来てた!ええ?という感じ。
慌ててチャート見て4時半からの112円前後からの噴き上がりを見て、なんだかレート的にもデジャヴ
だなぁ。(一昨日111.958→112.840、昨日は111.984→112.888)
ここまでいうんだから3月やるんでしょうな。実際やっても、そんなに大きくは上がらない感じも
しますけどね、ここまで織り込めば。
今日のトランプ大統領の合同の両院議会での演説に注目ですが、今日は指値せずに眺めましょう!
イメージ的には跳ねたら売りたいですけど。ではまた後ほど。
しかしびっくりだなぁ、よく112.888まで上がったな。

再びおはようございます。昨日の夜10時半の4Q米GDP改定値、予想は2.1%でしたが1.9%と低く若干
ドル売りに反応。その後のシカゴ購買部協会景気指数・リッチモンド連銀製造業景気指数・消費者
信頼感指数は全て予想比上ぶれでしたが、ドル買いにはつながらず午前0時過ぎに112.00が割れて
111.78へ。一旦112.13まで戻す場面もありましたが、戻り売り圧力強く111.90-112.10で揉んで
その後111.69へ。市場のセンチメントは111.50が割れたら結構落ちるとドルベアムード一杯。
一旦は利食いも入りドルが買われてきたところでハーカー米連銀総裁「今年は3回の利上げが適切」、
更に5:30 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁「3月利上げについて真剣な協議が行われると
予想」「インフレ率は2%目標に向けて上昇」「経済の拡大ペースが継続すると確信」とどめは6:09 
ダドリーNY連銀総裁の「近いうちに追加利上げに踏み切る可能性」「Fairly soon(かなりすぐに)
は近い将来を意味する」「利上げに説得力が増している」等の発言が出て相場の様相が明け方から
かなり変化。ショート勢の撤退が相次ぎストップ買いでインターバンク高値は112.90までタッチ。

その後瞬間112.70割れの局面もありましたが112.78でNYは引けており、たった今、(8:49)113.00を
突破して113.044まで上昇。もう市場は3月利上げを織り込んで走り出してしまいました。111円台を
2日間攻めて111.50は割れず溜まったショートが連日切らされる展開となって、ショート勢は「やって
らんねぇ・・・」といったところ。

そして今日の午前11時、トランプ大統領の合同両院議会での演説があり、具体的な内容が盛り込まれる
のであれば余計ドル買いに反応しそうな流れです。今、113.10突破です(8:52)今日は指値はせずに
まずはトランプ大統領待ち。今日のトランプ大統領の内容で市場が失望すればドル売りですが、週末の
イエレン議長の発言に向けて再び利上げ期待から買い上がって、3月15日に実際に利上げが行われたら
それで事実売りとなる可能性が高そうな感じです。期待し過ぎると(市場が同一方向を向いて事前ポジ
ションを取り過ぎると)危険な気がしますけどねぇ。

111円台から112円台前半で出来たショートもいくら往生際が悪くても切れているでしょうから、ここ
から買い上がるのは利上げ期待の純粋ロングの可能性もあり、あまり一緒には付いて行きたくはない感じ。
113.50抜けたら止めるつもりで跳ねたら売ってみますかね。

9:37 トランプ大統領の演説で市場が失望してドル円が下がってくれたら112.75-65ぐらい、(利上げ
期待を背景に)押し目買いしてみますかね?今、113.14で買うのはギャンブル過ぎるなぁ。


ドル円  様子見
ドル円はトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって指値は入れず。
様子見します。

レンジ 112.500--113.500 作成時 113.135-138 10:00AM


ユーロドル  様子見
ユーロドルはトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって指値は入れず。

レンジ 1.05000--1.06500 作成時 1.05603-607 10:35AM


ユーロ円  様子見
ユーロ円はトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって指値は入れず。

レンジ 118.800--120.250 作成時 119.588-593 10:39AM


ポンド  様子見
ポンド円はトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって指値は入れず。

レンジ 139.300--140.850 作成時 140.100-113 10:40AM

対ドルは トランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって様子見。

レンジ 1.23150--1.24850 作成時 1.23807-817 10:46AM


豪ドル  様子見
豪ドル円はトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって指値は入れず。

レンジ 85.850--87.350 作成時 86.631-638 10:42AM

対ドルはトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって様子見。

レンジ 0.76000--0.77500 作成時 0.76612-622 10:47AM


ニュージードル  様子見
ニュージー円はトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって指値は入れず。

レンジ 80.500--81.400 作成時 80.882-895 10:44AM

対ドルはトランプ大統領の両院議会演説が日本時間11時から行われることもあって様子見。

レンジ 0.70850--0.72800 作成時 0.71535-552 10:50AM









新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.