情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット > 「 ドル円・ユーロドル・ユーロ円は売り。ポンド円・オセアニアは買いで。」

「 ドル円・ユーロドル・ユーロ円は売り。ポンド円・オセアニアは買いで。」

skya






-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「 ドル円・ユーロドル・ユーロ円は売り。ポンド円・オセアニアは買いで。」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


3月31日

3月30日の概況




おはようございます。昨日のトランプネタでのドル円下落、111.536高値を付けた後で出てきた話で
111.002売りまで急落。しかしその後ニュースの内容が『CNBCが関係者の話として報じたところに
よると、「トランプ米大統領は為替操作国へのペナルティを模索している」ようだ。』という伝聞推定
であり、トランプ大統領の直接の発言ではない事が市場に浸透。それでも111.40が戻り売りとして
機能し3回位は売っては買い戻しが効いていました。

しかしこの話の真意は日本を対象としている話ではなく、再来週に発表が予定されている半期の為替
報告書の前に米中首脳会談がセットされていて、習近平国家主席が4月6、7の両日、米国南部フロリダ
州パームビーチの高級会員制リゾート「マールアラーゴ」を訪問し、トランプ米大統領と首脳会談を
行うと中国外務省の陸慷報道官が発表しています。
当然この会談を有利に進めたいトランプサイドが流したリーク記事と見るのが妥当ではないかと思います。

従って、初め強硬な姿勢を見せておいて懐柔するスタイルが好きな!?トランプ氏の行動を考えると
この点ではさほどドル売りに反応する必要はないのではないかとの思惑も出てくるでしょう。この件で
出来た投機筋のドル売りポジションは当然111.58-60にストップが集中する訳でこれをひっかけ
られて、ドル円は111.94まで上がってそのままNYは111.94引けでした。(NY安値は 111.00)

誰が見てもチャートの形はラウンドボトムになっており果敢に110.00を攻めに行き3回やって失敗した
ため、111.48、111.58の抵抗線を抜けた時に損切りをやむを得ず執行した投機筋が多かったということ
です。

これで109.80-110.00が割れたら107.50を目指す可能性が無くなった訳ではないのですが、(既報
ですが)目先は下値110.00をトライするセンチメントではなくなり、110.00-112.50というレンジの
上限である111.50-112.50ゾーンの中で落ち着きどころを探すのか、上値を試しにゆくのか今日の
市場を見て決めようと短期筋は思っているはず。もちろん1.07割れまで下落したユーロドルの動き、
2.42%まで上がった米10年債の動きなどでドル買いとなった面もあり、その背景にはトランプネタで
111.10-40で出来たショートがいたことが真のショートカバーの要因です。

さあて、期末日、仲値特殊玉が入るのかどうか判りませんし、期末の仲値にはあまりいい思い出がない
ので、今日は仲値はおとなしくしていようかな?112円台をこの時間積極的に買い仕掛けする向きが今日
東京にいるとは思いませんが、簡単に111.35-40を割って売りこむ材料もなさそうなので、しばらく
様子見。市場のポジションが傾いたら逆をやってみますかね?無理せず安全運転ですね。
昔は銀行や商社も収益をぶらすな!といわれて午後3時半過ぎまで(締め後扱いになるまで)ディーリング
中止指令が出てました。


ドル円 売り
ドル円は引きつけて112.250、112.350で売りから。ストップは112.520に置きながら、111.900、
111.800でしっかりと買い戻すショート回転をイメージしました。

レンジ 111.750(111.850)--(112.250)112.350 作成時 112.790-796 7:27AM 速報更新時


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.07250、1.07350で売りから。ストップは1.07550に置きながら、1.06550、
1.06400で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 1.06400(1.06550)--(1.07250)1.07350 作成時 1.06803-807 10:41AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は120.050、120.150で売りから。ストップは120.400に置きながら、119.350、
119.250で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 119.250(119.350)--(120.050)120.150 作成時 119.664-669 10:42AM


ポンド 買い
ポンド円は引きつけて139.350、139.250で買いから。ストップは139.000に置きながら、
139.900、140.000で利食いを目指す。

レンジ 139.250(139.350)--(139.900)140.000 作成時 139.876-889 10:45AM

対ドルは1.24550、1.24400で買いから。ストップは1.24200に置きながら、1.25250、
1.25400で利食いする回転をイメージ。

レンジ 1.24400(1.24550)--(1.25250)1.25400 作成時 1.24865-875 10:48AM


豪ドル 買い
豪ドル円は85.350、85.250で買いから。ストップは85.000に置きながら、85.950、86.100
で利食いする回転。

レンジ 85.250(85.350)--(85.950)86.100 作成時 85.728-735 10:45AM

対ドルは0.76700、0.76800で売りから。ストップは0.77050に置きながら、0.76300、0.76200
で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.76200(0.76300)--(0.76700)0.76800 作成時 0.76437-447 11:02AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は78.050、77.950で買いから。ストップは77.700に置きながら、78.650、
78.750で利食いする回転をイメージ。

レンジ 77.950(78.050)--(78.650)78.750 作成時 78.326-339 10:46AM

対ドルは0.70100、0.70200で売りから。ストップは0.70450に置きながら、0.69650、0.69500
で買い戻す回転をイメージ。

レンジ 0.69500(0.69650)--(0.70100)0.70200 作成時 0.69873-890 11:04AM




新規口座開設はこちら

ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2




---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.