情報提供を目的としており、お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。

マーケットショット

カテゴリ:マーケットショット の記事一覧

「 ユーロドルは戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買いで!」

skya


-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「 ユーロドルは戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買いで!」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


7月18日

7月17日の概況




おはようございます。

朝から煽られて 113円越えを結構買ってる感じだけど、なんだか一回下げそうな気もしてるん
ですよね。112.95超えて上がったところは本当は流れに乗って買うべきだったんでしょうけど、
事務してて乗り遅れて見送りました。そのまま113.078まで跳ねたから見送りは失敗。下がってきた
ところで買いで入って利食い。売りでも参入して利食い。やはり基本は下がったら買いからなんで
しょうけどあまり追いかけて買いたくないのも事実。112.80割れたら投げも出そうな感じですが、
112.60‐55は固そうですかね?

昨日の値動きは、パウエルFRB議長の証言に関して事前に配られた予定原稿。「当面、漸進的な
利上げ継続が最善策」「最新の経済データは第2四半期の米成長がかなり強いことを示唆している」
等の見解が含まれていてドル買いに反応。前回高値の112.80を超えて112.93までタッチして、
反落しても112.80と堅調で112.90でNYは引けています。

やはり市場では様々な潜在ドルショート(本来もっと下で買っておかなくてはいけなかった人たち)
が多くいるということですね。輸入・機関投資家・海外企業のM&A買収案件・短期投機筋などなど
形を変えた損切りだと思います。だから期待するところまで下がらない展開が続いていると思います。

一旦買っている連中が103.078まで見て伸びない値動きからロングの利食い行動に出てくれば多少は
下がるのでしょうが利食いしたらもう一回下値は買ってくると考えられるため、そう簡単には112.50
は割れないイメージです。神経質な揉み合いをイメージしますが利食い回転は早めに!

本日もよろしくお願い申し上げます。


ドル円 買い
ドル円は引きつけて112.850 、112.700で買いから。ストップは112.500に置きながら、
113.150 、113.250で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 112.700(112.850)--(113.150)113.250 作成時 112.984-987 9:08AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは引きつけて1.16950 、1.17050で売りから。ストップは1.17250に置きながら、
1.16350 、1.16250で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.16250(1.16350)--(1.16950)1.17050 作成時 1.16605-609 11:24AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引きつけて131.220 、131.120で買いから。ストップは130.900に置きながら、
132.000 、132.100で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 131.120(131.220)--(132.000)132.100 作成時 131.687-692 11:24AM


ポンド 買い
ポンド円は引きつけて147.700 、147.600で買いから。ストップは147.400に置きながら、
148.700 、148.800で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 147.600(147.700)--(148.700)148.800 作成時 148.104-117 11:25AM

対ドルは1.31550、1.31650で売りから。1.32000にストップを置きながら、
1.30750、1.30650で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.30650(1.30750)--(1.31550)1.31650 作成時 1.31129-139 11:31AM


豪ドル 買い
豪ドル円は引きつけて83.150 、83.000で買いから。ストップは82.800に置きながら、
83.600 、83.700で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 83.000(83.150)--(83.600)83.700 作成時 83.436-443 11:25AM

対ドルは0.74150、0.74250で売りから。0.74450にストップを置きながら、
0.73600、0.73500で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.73500(0.73600)--(0.74150)0.74250 作成時 0.73864-873 11:31AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は引きつけて76.200 、76.100で買いから。ストップは75.900に置きながら、
76.900 、77.000で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 76.100(76.200)--(76.900)77.000 作成時 76.601-611 11:25AM

対ドルは0.68050、0.68150で売りから。0.68350にストップを置きながら、
0.67400、0.67300で売り戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.67300(0.67400)--(0.68050)0.68150 作成時 0.67798-814 11:31AM


7月18日


ドル円 レンジ  112.700(112.850)--(113.150)113.250 作成時 112.984-987  9:08AM
ユーロドル レンジ  1.16250(1.16350)--(1.16950)1.17050 作成時 1.16605-609 11:24AM
ユーロ円 レンジ  131.120(131.220)--(132.000)132.100 作成時 131.687-692 11:24AM
ポンド円 レンジ  147.600(147.700)--(148.700)148.800 作成時 148.104-117 11:25AM
ポンドドル レンジ  1.30650(1.30750)--(1.31550)1.31650 作成時 1.31129-139 11:31AM
豪ドル円 レンジ  83.000(83.150)--(83.600)83.700  作成時  83.436-443 11:25AM
豪ドルドル レンジ  0.73500(0.73600)--(0.74150)0.74250 作成時 0.73864-873 11:31AM
ニュージー円 レンジ  76.100(76.200)--(76.900)77.000  作成時  76.601-611 11:25AM
ニュージードル レンジ 0.67300(0.67400)--(0.68050)0.68150 作成時 0.67798-814 11:31AM


ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2

---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

★明日放送★大好評のしゃべくりFX Live!7月18日(水)20:00~21:30

★明日放送★大好評のしゃべくりFX Live!7月18日(水)20:00~21:30



ここだけしか聞けない!何が起こるかわからない!
為替のプロ3人が繰り広げる爆弾トーク炸裂の90分!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

\\ しゃべくりFX Live! // 
 
7月18日(水)20:00~21:30

出演者:だいまん氏・横尾寧子氏・小林芳彦

⇒ http://yoshihikotv.blog.fc2.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

≪ 今 月 の テ ー マ は … ≫

★ドル円上昇の背景とは?上値目安は?

★トレード上達のために!3人からトレードアドバイス!

★今知りたい!今後の相場展望とトレード戦略

★今後の注目材料


今回も皆様からのご質問にも回答しながら
盛りだくさんの内容でお送りします!

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛    キ ャ ン ペ ー ン
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

しゃべくりFX LIVE!では、「しゃべくりFX LIVE!キャンぺーン」
を実施いたします。キャンペーン対象者の方には、
弊社の人気キャンペーン商品(食品)をお送りいたします。

申込日時:2018年7月18日(水)10:00~7月18日(水)21:30
詳しくは ⇒ http://yoshihikotv.blog.fc2.com/

申込はコチラ ↓↓
https://info.jfx.co.jp/jfxapl/webcustom/AutoCustomerCapLiveC44.jsp



■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛    L i v e へ の ご 要 望
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社が放送しておりますLiveに対するご要望・感想など
ご意見をぜひお聞かせください!

「Liveのテーマとしてこれを入れてほしい!!」
「テクニカルについてとことん解説するLiveが見たい!!」

などなど何でもお聞かせください。
ぜひ弊社までご連絡くださいませ♪

https://info.jfx.co.jp/jfxapl/webcustom/AutoCustomerQus.jsp


しゃべくりFX Live!とキャンペーンへの
たくさんのご参加をお待ちしております★☆






------------------------------------------------------------
このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を
促すものではありません。お取引における最終的な判断は、
お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる
一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート
中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する
義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。

「 ユーロドルは戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買いで!」

skya


-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「 ユーロドルは戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買いで!」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


7月17日

7月16日の概況




おはようございます。

昨日はアジアの引けに掛けて112.53まで上げましたが、朝方の高値112.56には届かず。NY 時間に
出た5月米小売売上高が上方修正、7月米NY連銀製造業景気指数は予想比高かったが上値追いとは
ならず逆に112.22まで下げて112.27引けとなっています。

今朝は早朝は112.20を狙う動きもありましたが、総じて堅調。本日仲値需要のずれ込みで不足に
なる可能性が高いと思われ朝から112.25近辺から既にビッドが入っていた感じがしました。112.35
越えから仲値を意識した買いが散見され112.418へ。一旦112.337まで下げるとすぐに買いが湧いて
きて112.447までタッチしています。

昨日指した112.15以下であれば押し目買いしたいイメージですが、まだ高値を追いかけて買いたい
イメージもさほどないため、112円台でも揉み合いの可能性が強いかなという印象。今日出来る
ポジションの傾きでまた欧州で逆に動くような感じがします。市場ポジション動向に注意でしょうか?

入れ込み過ぎて早い時間から仲値分を買うと仲値決定前に崩れるケースが多いのでちょっとは
下がって来てそれからもう一回盛り上がる想定です。112.30台後半は押し目買いしてみましょうか。

本日もよろしくお願いいたします。


ドル円 買い
ドル円は引きつけて112.200 、112.100で買いから。ストップは111.850に置きながら、
112.600 、112.700で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 112.100(112.200)--(112.600)112.700 作成時 112.416-419 9:27AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは引きつけて1.17400 、1.17500で売りから。ストップは1.17700に置きながら、
1.16750 、1.16650で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.16650(1.16750)--(1.17400)1.17500 作成時 1.17064-068 11:51AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引きつけて131.250 、131.150で買いから。ストップは130.950に置きながら、
131.850 、131.950で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 131.150(131.250)--(131.850)131.950 作成時 131.601-606 11:51AM


ポンド 買い
ポンド円は引きつけて148.400 、148.300で買いから。ストップは148.100に置きながら、
149.100 、149.200で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 148.300(148.400)--(149.100)149.200 作成時 148.764-777 11:51AM

対ドルは1.32650、1.32750で売りから。1.32950にストップを置きながら、
1.31850、1.31750で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.31750(1.31850)--(1.32650)1.32750 作成時 1.32325-335 11:54AM


豪ドル 買い
豪ドル円は引きつけて83.100 、83.000で買いから。ストップは82.800に置きながら、
83.800 、83.900で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 83.000(83.100)--(83.800)83.900 作成時 83.342-349 11:51AM

対ドルは0.74350、0.74450で売りから。0.74750にストップを置きながら、
0.73800、0.73700で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.73700(0.73800)--(0.74350)0.74450 作成時 0.74145-154 11:54AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は引きつけて75.950 、75.850で買いから。ストップは75.650に置きながら、
76.550 、76.650で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 75.850(75.950)--(76.550)76.650 作成時 76.176-186 11:51AM

対ドルは0.67950、0.68050で売りから。0.68350にストップを置きながら、
0.67400、0.67300で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.67300(0.67400)--(0.67950)0.68050 作成時 0.67753-769 11:54AM


7月17日


ドル円 レンジ  112.100(112.200)--(112.600)112.700 作成時 112.416-419  9:27AM
ユーロドル レンジ  1.16650(1.16750)--(1.17400)1.17500 作成時 1.17064-068 11:51AM
ユーロ円 レンジ  131.150(131.250)--(131.850)131.950 作成時 131.601-606 11:51AM
ポンド円 レンジ  148.300(148.400)--(149.100)149.200 作成時 148.764-777 11:51AM
ポンドドル レンジ  1.31750(1.31850)--(1.32650)1.32750 作成時 1.32325-335 11:54AM
豪ドル円 レンジ  83.000(83.100)--(83.800)83.900  作成時  83.342-349 11:51AM
豪ドルドル レンジ  0.73700(0.73800)--(0.74350)0.74450 作成時 0.74145-154 11:54AM
ニュージー円 レンジ  75.850(75.950)--(76.550)76.650  作成時  76.176-186 11:51AM
ニュージードル レンジ 0.67300(0.67400)--(0.67950)0.68050 作成時 0.67753-769 11:54AM


ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2

---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

「 ユーロドルは戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買いで!」

skya


-------------------------------------------------------------------------------------
☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆


「 ユーロドルは戻り売り。ドル円・クロス円は押し目買いで!」


☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆
--------------------------------------------------------------------------------------


7月16日

7月13日の概況




【海の日】祝日ですが海にも行けず弊社は通常業務を行っております・・・。

さて、先週金曜日は東京時間に112.80の高値を付けましたがその後は東京の3連休を前に流動性
低下懸念、夏のバケーション突入等もあって利食いで上値は重かったでした。113.00円にかけて
並んでいたドル売りオーダーにも行く手を阻まれ失速。一旦112.42まで下げて、戻りはNY参入前
の112.64でした。

NY時間は1.1688まで吹き上がったユーロドルの動きでドル売りとなってドル円はじわじわと安値
更新。高値圏で捕まったドル買いポジションの投げも加わって安値は112.27まで下がって112.34
でNYはクローズ。

本日は気温は高い割に流動性は低く(うん?関係ない!)先週高値を追い掛ける気にはならず
112.10以下とかに下がるなら押し目買いしてみようかなという程度。明日の仲値は5・10日の
ずれ込みと3連休明けなので、仲値は不足しそうですので、今晩のNY引け前に買いが強まるかも
しれません。

目先は112.25以下でも買い気かもしれませんね。あまり入れ込まず、下がってくるのを待ちたい
と思います。
水分補給はこまめに、室内でも熱中症対策はしっかり行いましょうね。
今週もよろしくお願い申し上げます。


ドル円 買い
ドル円は引きつけて112.250 、112.150で買いから。ストップは111.900に置きながら、
112.600 、112.700で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 112.150(112.250)--(112.600)112.700 作成時 112.402-405 9:02AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは引きつけて1.17200 、1.17300で売りから。ストップは1.17500に置きながら、
1.16450 、1.16350で買い戻す回転をイメージしています。

レンジ 1.16350(1.16450)--(1.17200)1.17300 作成時 1.17835-839 10:58AM


ユーロ円 買い
ユーロ円は引きつけて131.150 、131.050で買いから。ストップは130.850に置きながら、
131.850 、131.950で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 131.050(131.150)--(131.850)131.950 作成時 131.414-419 10:58AM


ポンド 買い
ポンド円は引きつけて148.500 、148.400で買いから。ストップは148.200に置きながら、
149.250 、149.350で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 148.400(148.500)--(149.250)149.350 作成時 148.840-853 10:59AM

対ドルは1.32550、1.32650で売りから。1.32850にストップを置きながら、
1.31950、1.31850で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 1.31850(1.31950)--(1.32550)1.32650 作成時 1.32347-357 11:30AM


豪ドル 買い
豪ドル円は引きつけて83.050 、82.950で買いから。ストップは82.700に置きながら、
83.700 、83.800で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 82.950(83.050)--(83.700)83.800 作成時 83.466-473 10:59AM

対ドルは0.74400、0.74500で売りから。0.74700にストップを置きながら、
0.73850、0.73750で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.73750(0.73850)--(0.74400)0.74500 作成時 0.74135-144 11:31AM


ニュージードル 買い
ニュージー円は引きつけて75.750 、75.650で買いから。ストップは75.450に置きながら、
76.350 、76.450で売り戻す回転をイメージしています。

レンジ 75.650(75.750)--(76.350)76.450 作成時 76.103-113 10:59AM

対ドルは0.67850、0.67950で売りから。0.68200にストップを置きながら、
0.67300、0.67200で買い戻しする回転をイメージ。

レンジ 0.67200(0.67300)--(0.67850)0.67950 作成時 0.67609-725 11:31AM


7月16日


ドル円 レンジ  112.150(112.250)--(112.600)112.700 作成時 112.402-405  9:02AM
ユーロドル レンジ  1.16350(1.16450)--(1.17200)1.17300 作成時 1.17835-839 10:58AM
ユーロ円 レンジ  131.050(131.150)--(131.850)131.950 作成時 131.414-419 10:58AM
ポンド円 レンジ  148.400(148.500)--(149.250)149.350 作成時 148.840-853 10:59AM
ポンドドル レンジ  1.31850(1.31950)--(1.32550)1.32650 作成時 1.32347-357 11:30AM
豪ドル円 レンジ  82.950(83.050)--(83.700)83.800  作成時  83.466-473 10:59AM
豪ドルドル レンジ  0.73750(0.73850)--(0.74400)0.74500 作成時 0.74135-144 11:31AM
ニュージー円 レンジ  75.650(75.750)--(76.350)76.450  作成時  76.103-113 10:59AM
ニュージードル レンジ 0.67200(0.67300)--(0.67850)0.67950 作成時 0.67609-725 11:31AM




ブログランキングに参加しています!応援クリックお願いします!
ブログランキング ポンド円FC2

---------------------------------------------------------------------------------------------
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、
為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較
して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文
を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動
性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップ
ポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)に
よっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様の
コストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売り
レートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合
があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、
レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要
証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごと
に異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣
府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、
為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率
の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネット
を通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インター
ネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、
お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれ
ましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引
を行っていただきますようお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------------------------

「ついに125.858から引いた週足の上値抵抗線をブレイク!」

【 ドル円 週足 】

20180713FC2ブログDlrYenWeekly

「ついに125.858から引いた週足の上値抵抗線をブレイク!」

113.251に 200週移動平均線があり、これを超えたら上昇は本物。
114.736を目指して上がる可能性も出てきます。

レベル感で売り上がってはいけない相場。

輸入の買い遅れ感からのろうばい買い。
M&Aがらみのドル手当て買い。
本邦資本の外債などの為替ヘッジの買い戻し。
短期投機筋のショートの損切り。

などなど潜在ドルショートを抱えている人たちの損切りがこの相場を押し上げていると
考えています。
それを強烈に押し上げているのがテクニカル要因です。

来週の相場ですが、予想はドルブルになると思われますが、月曜日が東京は「海の日」
でお休み。東京不在になるときに海外に仕掛けられる可能性もあってなかなかポジション
取りが難しいですねぇ。

皆様、よい週末をお過ごしくださいませ。

関東財務局長(金商)第238号 / (社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を促すものではありません。お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する義務を負いません。著作権はJFX株式会社に帰属し、無断転載を禁じます。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



copyright c 2016 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.